ここから本文です

8年ぶり復活『こち亀』アニメに神谷明、竹内順子らジャンプ主人公声優が集結

オリコン 8月8日(月)13時0分配信

 9月18日に放送されるスペシャルアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(仮)(フジテレビ系 前9:00)のゲスト声優が発表された。1976年6月より『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載スタートし、今年で40周年を迎える『こち亀』が2008年11月以来8年ぶりに新作アニメで復活。今回、主人公でハチャメチャな警官・両津勘吉を演じるラサール石井らおなじみのメンバーに加え、竹内順子、神谷明、草尾毅、置鮎龍太郎、森田成一ら、人気を博したジャンプアニメ作品声優たちが脇を固める。

【写真】『こち亀』初のカラー銅像がお披露目

 スペシャルアニメではアルバイト中の両津勘吉が、来日中のアッタカイーノ王国の王女・サブリナに遭遇。サブリナが誘拐犯に襲われそうになっているところを救い出した両津は日本文化に興味があるという彼女のため下町を案内する。しかし誘拐を諦めていなかった犯人たちによって下町全体を巻き込んだ、追いつ追われつの国際的大騒動に発展していく。

 サブリナ王女は、『NARUTO-ナルト-』うずまきナルト役の竹内、誘拐犯リーダーは、『キン肉マン』キン肉マン役の神谷、三人の誘拐犯部下は、『SLAM DUNK』桜木花道役の草尾、『トリコ』トリコ役の置鮎、『BLEACH』黒崎一護役の森田が演じる。

 このほか部長・大原大次郎(佐山陽規)、中川圭一(宮本充)、秋本麗子(森尾由美)ら派出所の面々はもちろん、両津の祖父・勘兵衛や擬宝珠(ぎぼし)一家、さらに爆竜大佐や、警視庁・特殊刑事課の刑事たちまでもが事件に関わることとなり、『こち亀』オールスター集結で物語を盛り上げる。

 しぎのあきら監督は「両さんに、ニューヨークの摩天楼は似合いません。両さんは、下町が一番似合います。両さんには、推理ものは似合いません。走り回り、動き回る両さんが最高です」と魅力をアピール。「期待を裏切ることのないよう、スタッフ一同、リオ五輪の声援に負けないように頑張っています。『こち亀』は、漫画界の金メダリストです!!」と掲げている。

最終更新:8月8日(月)13時0分

オリコン