ここから本文です

AKB48、初の「推しメン」席を導入 まゆゆ、こじはるらがファンイジり「個性が強い」

オリコン 8月7日(日)19時24分配信

 人気アイドルグループ・AKB48が7日、さいたまスーパーアリーナでファン感謝祭『AKB48シングル選抜総選挙 第一党感謝祭2016~1,039,172票の愛にありがとう!~』を開催。今回初めて導入された、推しメン別にまとまるよう配置された「推しメン席」のファンに向かって、各メンバーが“愛のあるイジり”で会場を盛り上げた。

【写真】AKBトップ当選のまゆゆが感謝のあいさつ

 会場前方の一角を占める「柏木由紀」席は、青のペンライト一色。ステージとの近さに柏木本人は「私のファンの方は個性が強いから、もっと後ろの方でもいいかなと思ったけど、うれしい!」とイタズラっぽくほほえんだ。

 その対角線上には「渡辺麻友」席が設置。自らの呼びかけに対する、ファンの反応がワンテンポ遅かったことに注目した渡辺が「ちょっと遅いのは、離れているから時差があるのかな」と笑顔を見せると、峯岸みなみからすかさず「いやいや、この距離で時差とかないですから!」とツッコミを入れられた。

 一方、総選挙で卒業を発表した小嶋陽菜は、スタンド中央付近の推しメン席に向け「あと何回ライブがあるかわからないので、目に焼き付けてほしいなと思ったら結構遠かった」と残念がりながらも「私のファンの方はかわいい子が多いので、アップで映してほしい」とリクエストした。

 そんな中、ひときわ注目を集めたのが西野未姫ファンの一席。黄色のペンライトを激しく振って応援するファンの様子を見て、西野が「私のファンはおじさんめな方が多い」と解説すると、ほかのメンバーも「みきちゃんに負けないくらい動きが激しい」「おじさんを感じさせない元気さ」と西野との共通点を見つけて大はしゃぎ。特に小嶋はすっかり気に入ったようで、ライブの終わり際にも「もう1回見たい! これだけ2時間できる」と笑顔を見せていた。

 その後、終盤の「ヘビーローテーション」「ファンレター」「あなたがいてくれたから」「ポニーテールとシュシュ」「言い訳Maybe」「AKBフェスティバル」の6曲で、メンバーがそれぞれの推しメン席の近くを練り歩きながら歌唱し、スマートフォンでの撮影もOKにするファンサービスを実施。メンバーが目の前で歌い、写メのポーズをとってくれるサプライズに大興奮していた。

最終更新:8月12日(金)17時18分

オリコン