ここから本文です

AKB入山、ファンと涙の対面「いろんな感情ありすぎて全部涙に…」

オリコン 8月8日(月)4時0分配信

 人気アイドルグループ・AKB48が7日、さいたまスーパーアリーナで『AKB48シングル選抜総選挙 第一党感謝祭2016』を開催し、メンバー101人がそれぞれのファンが集まる客席を練り歩いて歌い、スマートフォン撮影も許可するサプライズでファンを興奮させた。

【写真】まゆゆ、ゆきりん、こじはるが「推しメン席」でファンサービス

 この日のライブは、6月の『第8回選抜総選挙』で80議席中、国内5グループ最多の28人がランクインし、AKB48が第一党となったことをファンに感謝するイベント。初の試みとして客席を102ブロックに分け、「柏木由紀席」「渡辺麻友席」「DD(誰でも大好き)席」というように各メンバーのファンがまとまって座れるように配置した「推しメン席」が導入された。

 2年前の握手会襲撃事件で被害にあい、2年ぶりに立候補した総選挙で18位にランクインした入山杏奈は「昨年は総選挙をお休みさせていただいて、2年ぶりだったんですけど、ファンの方と一体になれるイベントで、AKB48人生で一番思い出に残るような出来事でした。私は皆さんのおかげでこうしてここに立っていられます。ありがとうございます」とファンに感謝。グループ総監督の横山由依は「すごく勇気のいる行為だったと思います」と総選挙に参加した入山を称えた。

 ライブ終盤にはメンバーが一斉に、自身のファンが集まる客席を練り歩いて歌うサプライズ。着席でのスマートフォン撮影も許可された。島崎遥香も塩対応を封印し、手を振りながら笑顔をふりまいてポーズを取る神対応でファンを喜ばせた。

 事件以来ファンと直接交流できていなかった入山も、スタンド席の自身のファンと至近距離で対面。温かい声援を受けると、感極まって涙をぬぐった。メンバーの発案で、終演後には出口に立ってファンをお見送りするサプライズもあったが、これにも参加した。

 入山は終演後、自身のツイッターで「推し席のみなさん近くで会えて嬉しかった!あんなに人いると思わなくてびっくりしたけど知ってる顔ばかりでさらにびっくり(笑)いろんな感情ありすぎて全部涙になって溢れてきてしまいました。ありがとう。大好き」「強くなって出直してきます!!!!!」と胸の内を明かした。

 ネット上では「あんにんの涙はヤバかった、いろんな思いが込み上げてきた」「あんにんが推し席近くに行って泣いてた これはAKBグループ好きになって以降1番感動してしまった」「涙腺崩壊」と“あんにん”こと入山が踏み出した一歩に感動する声、「無理しないでね」「あせらなくていいからね」と気遣う声などであふれている。

最終更新:8月8日(月)16時20分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。