ここから本文です

【インタビュー】引退興行を直前に控えた元・全女の椿(中見川)志保に直撃!引退を決めたその思いとは…【前編】

バトル・ニュース 8月7日(日)9時0分配信

 14歳で全日本女子プロレスの練習生となり、16歳で中見川志保としてプロレスラーデビュー。その後金村キンタローと結婚し引退するが、数年後にディーヴァとしてECWのリング上に現れる。
 椿志保として『RING』や『five』などを設立しプロデューサーとしても活躍すると、2015年には世界初の24時間プロレスを開催し話題を呼んだ。
 そんな椿志保が引退することを発表し、今年から生まれた祝日である8・11『山の日』に引退興行を開催する。
 引退直前となるこのタイミングで、椿志保はどのような思いでいるのか直撃インタビューを行った!

■引退を決めた思い

――そもそも何故このタイミングで引退しようと思ったのでしょう?
「もう、ずっと引退したくて!」

――え!?
「ずっと引退したくて(笑)でも、fiveの最終章が自分の引退試合だなっていうのは思ってたんですよ。fiveも中で色々変更があったりとか24時間プロレスはさんじゃったりとかしていたので、色々最初に思っていたようにはいかなかったんですけど、もう引退してもしなくてもいいかなって思ってたんですよ。フェードアウトでもいいかなと思ってたんですね。このまま試合をしなくなって、普通の人になっていっても別にいいのかなって思っていて、だけど、やっぱ一つけじめとして、私16歳からデビューをして、全日本女子プロレスを辞めるときにまだ新人だったんで引退試合していないんですよ。引退セレモニーも受けてないんですね。あれって新人では受けれなくて、ある程度の功績を残した人しか引退試合って出来なかったから当時は。なので、引退試合を全日本でやっていなかったから、やっぱプロレスから退くにあたって一つけじめみたいなのをつけなきゃいけないかなと思ったんです」

――当時の全女はそうだったんですね
「でも24時間プロレスとかやっちゃったから逃してたんですよタイミングを!(笑)逃してて、でも引退試合は下北沢でやろうというのだけは決めてたんですよ。下北沢のタウンホールでやろうというのはずっと決めてて、で、タウンホールが工事するか何かで一回閉めますよと」

――改修工事で今年10月から2018年まで使用できなくなりますね
「焦って会場を押さえに行ったら、土日年内は全て埋まってますと言われたんですよ。でも見たら8月11日だけポツッと空いてて祭日が。なんでこれ祭日なのに空いてるんですか?って聞いたら今年から出来た祭日だから皆知らないんじゃないかって」

――山の日ですか
「山の日をまだ皆知らないからたまたま空いてるって言われて、じゃあこの日で!っていうだけの話なんです(苦笑)」

――勢いで引退試合を決めたんですか…
「そうですそうです。とあとは、今やってる仕事が整体師なんですけど、徐々にプロレスをフェードアウトして整体師の方を徐々に増やしていこうというプランで始めたものが、紹介制にも関わらずすぐに二ヶ月先まで予約が埋まるっていう状態になっちゃって(笑)それが自分の中では想定外だったんですけど、ちょっとずつフェードアウトしていくはずがガッツリと整体師になってしまったんですよ!試合してる暇ないねってなっちゃって。でも患者さんは溢れているし、予約埋まってるし、でもプロレスの興行を打たなきゃいけないっていうのは難しいなと思って。そのタイミングが今年だったんですね。今年たまたま北沢タウンホールが使えなくなるっていうのもあるし、たまたま8月11日が空いてたっていうのもあるし、色々なものが重なってこの日になったという感じですね」

――北沢タウンホールになぜそんなにこだわられて
「下北沢でずっと仕事していたので、お客さんがいっぱい集まるかな~って」

――女子プロレスの聖地的な部分もありますが、プロレス的な思い入れは
「全然無いです!でも昔、試合したことない会場だったんですよ。試合したことないんですけどDDTとかがやっていた時によくスタッフで行ってて、この会場いいなと思いながらずっと試合ができてなかった会場だったので、一回やってみたいなと思っていたのは一つあります。だけど、下北沢に知り合いが多かったっていうのがやっぱり一番ですね(苦笑)居酒屋さんも知り合いだし、美容師さんも知り合いだし」

――では現在のチケットの売れ行きはほぼほぼ
「まあボチボチじゃないですか?私が予想してたとおりという感じです。当日券を売って満席になればいいかなーぐらいの感じです」

――あれ?椿さんの引退試合なのでもっとこう…
「いや皆が言うほど人気無いので」

――いやいやいや!なんでもっと大きい会場でやらないんだろうと思ってましたよ!
「そんなに、いや全然皆からそうやって言われたんですけど、私自分の身の丈すごいわかってて、いやそんなに呼べないよ私お客さんと思ってるんですよ常に。実際そうなので、だいたいこれぐらいかなと思ったとおりでした。なんか、色々やってるから、24時間プロレスもそうですし昔(六本木)ヴェルファーレ借りてやってたRINGもそうですし、ちょっと大きいことやってる感はあるんですよね皆から見ると。でも、私自身が思うにそんな大きく見えてるだけで、そんなに大したことやってないよと思うので自分では(苦笑)なので大きく見せるのが得意なだけです」


■女子プロレスラーとしての椿志保


――色々やっていたという言葉もありましたが、振り返っていただいて全女時代から考えて今の女子プロレスと昔の女子プロレスで大きく違う部分はなんだと感じますか?
「女子プロレス見てないんですよね。だから、女子プロレスラーを全然知らないし、今どんな団体があるかも知らないんですよ。なので、今女子プロレス業界がどうなっているかというのは全然知らないです。噂にしか聞かないですけど、例えば、こないだ私も絡みがあったんですけど声優さんやりながら女子プロレスラーやってますとか(清水愛)アイドルやりながら女子プロレスやってますとか、タレント活動しながら女子プロレスやってますっていう子が多いですよね今。でもそれが主流になってきちゃってるというかなってるんだろうなっていう気はしてて。私の時代は中卒で高校も行かずにプロレスラーになって、年間300試合をこなすって時代だったから、それが当たり前だと思っている節はあるけれど、今は今の主流があるんだろうからいいんじゃないかと思います。でも、私は自分の団体ではそういう女子プロレスラーは上げないっていうだけであって。その子達にはその子達のポリシーとかプライドがあるだろうし、私は私で、あんまり全女を意識したことはないですけど女子プロレスっていうもののイメージがあるので、そこは同じじゃなくてもいいと思ってるけど、私の中では今の女子プロレスラーを自分のリングに上げるという考えがあまりないですね」

――全女時代に一度引退をされているわけですが、なぜ復帰しようと思ったんでしょう?
「そもそもなんですけど、復帰する気なかったんですよ」

――え!?
「申し訳ないね(苦笑)復帰する気なかったんですよ。で、私がやりたかったのは、これ小学校からの夢だったんですけど興行を打ちたかったんですよ。でも興行をいきなり打つのは難しくて、プロレスラーという道を辿って興行を打っていくんだろうっていう子供ながらにそういうイメージがあったんでまずプロレスラーになった。プロレスラーになった時点で私の時は1000人中の5人だったから簡単ではないんですけど(笑)女子プロレスラーになってからしばらくしたら自分で興行を打ちたいなというのは昔からあったんですよ。で、女子プロレスラーは結婚するから辞めちゃったんですけど、それから何年かたって、たまたまプロレス業界に何かこうもう一度関われるかもしれないというチャンスが来た時に、プロレスラーじゃなくて興行主になりたかったんですよ。プロデューサーの道を選んで再スタートしたんです。それがRINGですよね。だからRINGの最初の何回かは私出てないですから。一回目に関しては挨拶もしてないですから」

1/2ページ

最終更新:8月7日(日)13時30分

バトル・ニュース