ここから本文です

野村周平、月9共演中の大原櫻子からの“仕返し”に「怖い怖い怖い」

E-TALENTBANK 8月7日(日)19時0分配信

現在、フジテレビ系月9ドラマ「好きな人がいること」に出演中の野村周平が、大原櫻子からの“仕返し”についてコメントした。

野村は8月6日、自身のTwitterを更新。「怖い怖い怖い」とコメントを添え、大原櫻子が6月29日にリリースした2ndアルバム「v(ビバ)」のジャケットに大原櫻子の直筆と思われるサインと共に「周平さんへ エンドレスして聴いてね 周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平周平」と言うメッセージをおくっていた。

これは、先日野村周平がTwitterで「今日は月9ですね。櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子櫻子」と言うコメントを添え、大原との2ショット動画を投稿したことへの“お返し”と見られる。

これに対してファンからは「返されたね」「ウケる。笑」「うわあ羨ましすぎる。」「なかいい、かわいい」「いろんな人に愛されてますねえ」「羨ましい~笑」と、コメントが寄せられていた。

最終更新:8月7日(日)19時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。