ここから本文です

香港地下鉄観塘線延伸部が10月開通へ=油麻地~黄埔間に2つの新駅…在留邦人にも恩恵

マカオ新聞 8月7日(日)11時21分配信

 香港の九龍半島の南部の調景嶺(ティウケンレン)駅と油麻地(ヤウマァテイ)駅の間を結ぶ地下鉄路線(一部区間は地上及び高架線)のMTR観塘(クントン)線について、油麻地駅から先の何文田(ホーマンティン)駅、黄埔(ワンポア)駅に至る2.6kmの区間で延伸工事が進められているが、間もなく開通する見通しだ。

 8月6日、香港政府運輸住宅局の張炳良(アンソニー・チャン)局長は何文田駅の建設現場を視察した際、延伸部の開通時期が今年(2016年)10月を予定していること、油麻地駅と黄埔駅間の所要時間は5分で、現行の20分から大幅に短縮されることなどを明らかにした。すでに試運転も始まっており、具体的な開通日の発表を待つばかりとなっている。

 今回、張局長が視察した何文田駅は8つのフロア、5つの出口を擁し、現在建設中で2019年にも開通予定の九龍半島を南北に貫く地下鉄新線(通称:沙中線)と十字に交差するMTR最大の乗換駅となる予定。

 黄埔周辺は在留邦人が多く住むエリアとして知られ、新駅開業による生活利便性向上といった恩恵が期待される。

最終更新:8月7日(日)11時21分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。