ここから本文です

稲発酵粗飼料経営 有望視 トマトICT活用も 自民・小泉氏 福島で視察

日本農業新聞 8/7(日) 7:00配信

 自民党の小泉進次郎農林部会長は6日、福島県の会津坂下町と須賀川市を訪れ、水田作や施設園芸の現場を視察した。稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ=WCS)に取り組む稲作農家では、非主食用米を組み合わせた複合経営を評価。情報通信技術(ICT)を取り入れたトマト栽培ハウスでは作業の省力効果を確認し、普及に期待を寄せた。

 会津板下町では、ICTを活用した(株)アルス古川のミニトマト施設を視察。30アールのハウス内の肥培管理をコンピューターで自動化していることを聞き、小泉部会長は「人がいなくてもITでカバーできる。ぜひ、他の農家に広めてほしい」と話した。

 WCS用稲の収穫現場にも訪問。1台約1200万円の専用刈り取り機に試乗した。飼料向けの非主食用米を取り入れていることに対し、小泉部会長は「米消費が減る中、複合経営に打って出る新たな農業だ」と強調した。

 須賀川市では、農業生産法人(株)ジェイラップの米乾燥・貯蔵・精米施設を見学。JA夢みなみの農産物直売所「はたけんぼ」も訪れた。

 視察後、記者団の取材に応じた小泉部会長は「米だけでなく畜産で使うWCSで複合経営を図る取り組みは、2018年産以降の、いわゆる減反廃止後、収益や経営を考え需要に応じた生産をする姿として、全国に伝えなければならない」との考えを示した。

日本農業新聞

最終更新:8/7(日) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。