ここから本文です

ディアナを退団した堀田祐美子が女優プロレスラー集団“アクトレスガールズ”をファイヤープロレスへマッチメーク

バトル・ニュース 8月7日(日)13時57分配信

 大仁田厚が新たに旗揚げするファイヤープロレス、8・26ディファ有明大会の女子のカードが、堀田祐美子vs安納サオリvs万喜なつみvs中野たむの4WAYマッチに決定した。

 堀田祐美子はファイヤープロレスへの参加により、ジャガー横田率いるヒールユニット・CRYSIS(クライシス)を脱退、さらには所属していたワールド女子プロレス・ディアナをも退団し女子部門のプロデューサーとしてマッチメークも担当する。自身が積極的にデスマッチに取り組んでいくわけではなく「全日本女子プロレスで培った真の女子プロレス、華のある女子プロレスを見せていきたい」と決意を述べた。

 また、堀田は“リングで闘う女優”をコンセプトに女優がプロレスを行うスターダムの提携団体『アクトレスガールズ・Beginning』でアドバイザーに就任。「彼女たちのやる気はホントにすごい」と練習に参加し後進の指導にも取り組んでいる。今後は地方興行にも打って出る同団体で、全国各地に華やかな女子プロレスを届けていく。

 参戦が決まったアクトレスガールズの3人は以下のようにコメントした。

安納サオリ
「私はなつみ選手、たむ選手とはリングで戦ったことはあるのですが堀田選手は初めてです。勝つにあたって作戦はもう考えています。とにかくすごく楽しみ。この試合は頭を使って行動していきます! 堀田選手にフィッシャーマンズスープレックスをしたい。いや、する! アクトレスガールズとして私が勝ちます!」

万喜なつみ
「ファイヤープロレスに出場することができて本当に嬉しいです! 今、私はリングで戦える事が本当に楽しくて日々新しい事を吸収できる環境が嬉しくて仕方ありません! 堀田選手には本当に多くの事を学んでいます。だからこそ、今回私が! 堀田さんから3カウントをとります。それが恩返しだとも思いますし、今私がやるべき事だと思っています。他のメンバーにはとらせません。私が3カウントとります!」

中野たむ
「今回、ファイヤープロレスさんの旗揚げ大会に参戦させて頂く事が出来て、本当に本当に嬉しいです! デビューしたばかりの新人の私が堀田祐美子選手という大先輩と戦わせて頂ける事がとても光栄ですし、安納選手も万喜選手も凄く尊敬する先輩です。ですが、今回のこの大きなチャンスは絶対に私が掴みたいです! 安納選手でもなく、万喜選手でもなく、私が堀田選手からスリーカウントをとってみせます!! デビューから2度目の試合、不安が少しもないとは言いません。でも、堀田さんをはじめ多くの支えて下さる皆さんに恩返しする為にも、只1番になりたい。今はこの気持ちしかありません。この大きなチャンスを与えて下さった皆様に感謝して、惑う事なく掴み取りに行きます!」

最終更新:8月7日(日)13時57分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。