ここから本文です

錦織 五輪初戦でラケット落とすハプニングも快勝で2回戦へ<男子テニス>

tennis365.net 8月7日(日)1時5分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は6日、男子テニスのシングルス1回戦が行われ、日本テニス96年ぶりのメダル獲得を狙う第4シードの錦織圭(日本)が世界ランク33位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に6-2, 6-4の快勝で、危なげなく2回戦を果たした。

【錦織ら 男子シングルス対戦表】

この試合、第1セットを先取した錦織にハプニングが起きた。

それは第2セットの第2ゲーム、錦織はサービスを打った瞬間にラケットを落としてしまった。しかし、何事もなかったかのように、すぐさまラケットを拾ってプレーを続行し、最後はネット際でポイントを決めて観客を沸かせた。

2回戦ではJ・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。ミルマンは1回戦でR・ベランキス(リトアニア)を下しての勝ち上がり。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、3回戦で第13シードのP・コールシュライバー(ドイツ)、準々決勝で第6シードのG・モンフィス(フランス)か第9シードのM・チリッチ(クロアチア)、準決勝で第2シードのA・マレー(英国)と対戦する組み合わせ。

日本テニスのシングルスで最後のメダル獲得は1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)で、その時は熊谷一弥(日本)が銀メダルを獲得した。

その他の日本勢男子は杉田祐一(日本)がB・ベイカー(アメリカ)、ダニエル太郎(日本)が第14シードのJ・ソック(アメリカ)と1回戦で対戦する。女子では土居美咲(日本)がY・シュウェドワ(カザフスタン)、日比野菜緒(日本)はI・C・ベグ(ルーマニア)と初戦で顔を合わせる。

また、女子ダブルスには土居/ 穂積絵莉(日本)組が第2シードのC・ガルシア(フランス)/ K・ムラデノヴィック(フランス)組との初戦に挑む。

tennis365.net

最終更新:8月7日(日)1時5分

tennis365.net