ここから本文です

クロップ・リヴァプール、メッシ&スアレスのいるバルセロナから無失点 冴え渡るカウンターから4発快勝

theWORLD(ザ・ワールド) 8月7日(日)8時10分配信

スアレス、古巣との一戦はノーゴール

現地時間6日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップでリヴァプールとバルセロナが対戦した。試合はイングランドのウェンブリースタジアムで開催され、大勢のリヴァプールサポーターが「You'll Never Walk Alone」を歌うなかでキックオフを迎えた。

リヴァプールは新戦力のDFクラバン、MFワイナルドゥム、FWマネが先発で出場。バルセロナは新加入のデニス・スアレスがスタメンで起用された。序盤、リヴァプールが主導権を握る時間帯が続くと15分に先制点が生まれる。MFララーナが積極的にプレスを仕掛け、中盤でボールを奪取しドリブルで持ち上がると、サイドに流れたフィルミーノとのパス交換からボックス内に進入する。ララーナはDFを引きつけてラストパスを送ると、新加入のマネが右足を振り抜いてゴールを決めた。ネットが揺れた瞬間、多くのリヴァプールサポーターが詰めかけた会場が一気に沸く。

バルセロナはその後42分、FWムニルのクロスとを受けたスアレスが強烈なシュートを放つも、同点に追いつけないまま前半を終える。後半の立ち上がりから試合を優位に進めたのはリヴァプールだった。47分、カウンター攻撃から右サイドを突破し、途中出場したヘンダーソンがゴール前で合わせる。ボールはシュートブロックに滑り込んだDFマスチェラーノに当たりオウンゴールで追加点を重ねる。さらに49分にもディフェンスラインの裏へ抜けだしたFWオリギがGKブラボの股を射抜くシュートを決めてリードを3点差に広げた。

バルセロナは60分、MFイニエスタ、MFラキティッチ、DFピケ、DFルカ・ディーニュをピッチに送り込む。また古巣リヴァプールと初対戦となったスアレスは74分にお役御免。無得点に終わったが、ピッチを退く際にはリヴァプールのサポーターから多くの拍手が送られた。その後、ボールを保持して攻めこむバルセロナだったが、リヴァプールの守備網に苦戦。試合終盤のアディショナルタイムにもグルイッチにダメ押しゴールを奪われた。

試合はそのまま終了。リヴァプールがバルセロナに4-0と快勝した。リヴァプールの4点は、ともに前線や中盤でボールを奪いとったカウンター攻撃から生まれた。クロップのスタイルが浸透しているリヴァプールは、1周間後に迫ったアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦に向け、万全の準備が整っているようだ。

[スターティングメンバー]
リヴァプール:ミニョレ、クライン、ロヴレン、クラヴァン、ミルナー、ワイナルドゥム、エムレ・チャン、ララーナ、マネ、フィルミーノ、コウチーニョ

バルセロナ:テア・シュテーゲン、A・ビダル、マスチェラーノ、マテュー、カマラ、ブスケッツ、デニス・スアレス、アルダ、メッシ、スアレス、ムニル

[スコア]
リヴァプール 4-0 バルセロナ

[得点者]
リヴァプール:マネ(15)、OG(47)、オリギ(49)、グルイッチ(91)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月7日(日)8時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]