ここから本文です

【J1戦評】G大阪2-1鳥栖 鳥栖、終了間際に失点

佐賀新聞 8月7日(日)11時44分配信

 前半はMF鎌田を起点に攻撃を組み立て押し気味に展開。MF金民友(キム・ミヌ)らが積極的にシュートを放ったが、無得点に終わった。

 後半も、先手を取ったのは鳥栖。金民友のシュートがエリア内で相手のハンドを誘いPKを獲得すると、これを14分にFW豊田が落ち着いて決めて先制した。

 しかし、その後はG大阪の攻勢を受け、16分にはオウンゴールで失点。FWエルカビルを投入して勝ち越し点を狙ったものの得点には至らず、後半ロスタイムに、相手FW長沢にヘディングシュートを決められた。

最終更新:8月7日(日)11時44分

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。