ここから本文です

「学校へ行こう」で校長に誓った五輪 少年は夢を叶え、金を目指す

BuzzFeed Japan 8/7(日) 9:22配信

リオ五輪に出場している体操男子の山室光史選手。小学生のときに誓った夢がある。

2001年、小学6年生のときだ。当時の人気番組だった「学校へ行こう!」が、山室選手の母校である古河第一小学校(茨城県)を訪れた。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

【リオ五輪】荻野と瀬戸はダブル表彰台、三宅の銅… 2日目のメダリスト(写真)

そこで撮影された「小学生の主張」。生徒が屋上に立ち、全校生徒に向けて自らの主張を叫ぶというコーナー。山室少年が登場した。

進行役のV6から「なにか特技はある?」という問いに、「体操」と自信満々で答える山室少年。

その場で、華麗な鞍馬の旋回を披露した。坂本昌行さんは「この子、本物だよ!」と興奮気味のようすだった。

屋上に立った山室少年。力強く、叫んだ。

「僕は体操をやっている。去年の11月の世界大会で優勝した。優勝したのもうれしかったけど、もっとうれしかったことは校長先生が『努力したから結果が出たのですね』と言ってくれました」

「そんな校長先生も3月いっぱいで定年を迎えて、学校を辞めてしまいます。だから今日は、全校生徒でお礼を言いたいと思います。校長先生、今まで見守っていてくれて、本当にありがとうございました! 本当にありがとうございました! 2008年のオリンピックに必ず出ます!」

当時の大賀校長との誓い。2008年の北京オリンピックには出られなかったが、ロンドンオリンピックに出場。見事、約束をはたした。

その年、男子団体は金メダル奪還を目指していた。山室選手も決勝の跳馬で高難度技のロペスに挑む。しかし、着地で左足を骨折。結果は銀メダルに終わった。

初のオリンピックで大怪我を負った山室選手だが、2度の手術を経て復活。4年前の借りを返すために、リオに向かった。

団体総合で3大会ぶりの金メダルを目指す日本勢。団体総合、個人総合、種目別の決勝進出を懸けた男子予選では、エース内村航平をはじめミスが連発。山室選手も跳馬で尻もち、平行棒では落下と失敗が重なった。

競技は続く。結果はわからない。小学生のとき、校長先生にかけてもらった言葉を思い出して欲しい。

「努力したから結果が出たのですね」

最終更新:8/7(日) 18:29

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]