ここから本文です

錦織 五輪2回戦は、異色経歴の世界75位ミルマン<男子テニス>

tennis365.net 8月7日(日)1時47分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は6日、男子テニスのシングルス1回戦が行われ、第4シードの錦織圭(日本)が世界ランク33位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に6-2, 6-4の快勝で初戦突破を果たし、日本テニス96年ぶりのメダル獲得へ好発進した。2回戦では異色の経歴を持つ世界ランク75位のJ・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。

【錦織ら 男子シングルス対戦表】

この日、ミルマンはR・ベランキス(リトアニア)を6-0, 6-0のダブルベーグルで下し、初戦突破を決めている。

現在27歳のミルマンは、2年前に肩を負傷して一時ツアーを離脱。世界ランキングは1,100位台にまで落ち、当時お金を稼ぐために地元オーストラリアのブリスベンでサラリーマンのアルバイトをして生計を立てていた。しかし世界で戦うことを諦め切れず、現役続行を決意。

復帰後、2015年のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)ではR・フェデラー(スイス)から1セットを奪う活躍を見せた。

今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で3回戦進出、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では初戦で敗れるもJ・イズナー(アメリカ)と激闘を演じた。

錦織とミルマンは今回が初の対戦。

今大会で錦織は、1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)で銀メダルを獲得した熊谷一弥(日本)以来となる日本テニス96年ぶりのメダル獲得を狙う。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、3回戦で第13シードのP・コールシュライバー(ドイツ)、準々決勝で第6シードのG・モンフィス(フランス)か第9シードのM・チリッチ(クロアチア)、準決勝で第2シードのA・マレー(英国)と対戦する組み合わせ。

その他の日本勢男子は杉田祐一(日本)がB・ベイカー(アメリカ)、ダニエル太郎(日本)が第14シードのJ・ソック(アメリカ)と1回戦で対戦する。女子では土居美咲(日本)がY・シュウェドワ(カザフスタン)、日比野菜緒(日本)はI・C・ベグ(ルーマニア)と初戦で顔を合わせる。

tennis365.net

最終更新:8月7日(日)1時47分

tennis365.net