ここから本文です

フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は

BuzzFeed Japan 8/7(日) 11:00配信

フィリピンの首都マニラにある繁華街マラテ・エルミタ地区。何十軒ものフィリピンパブが立ち並び、明け方まで日本人や韓国人が行き交う。この街では、驚くほど高い確率で日本での出稼ぎ経験を持つフィリピン人女性に出会う。

国連が定めた人身取引反対世界デー(7月30日)を機に、フィリピン外務省は8月3日、出稼ぎ希望の女性たちに注意を呼びかける声明を発表した。違法に日本に渡ると、人身売買の被害に遭う危険性があるという内容だ。

BuzzFeed Newsは、繁華街で働くフィリピン人女性らに被害の実態を聞いた。【BuzzFeed Japan / 鈴木貫太郎】

束縛・搾取、性的サービスの強制も

この地区のパブで「ママさん」として働くフィリピン人女性(36)。客として来店した日本人男性に誘われて偽装結婚した結果、日本で性的産業での労働を強要されたフィリピン人女性たちを知っている、と証言する。

ママさんによると、被害に遭う女性は大半が貧困層出身。仲介業者が囁く「日本での高収入」に魅力を感じ、甘い誘いに乗ってしまう場合が多いという。

渡航費用などの借金を理由に束縛・搾取されたり、事前に知らされていないにも関わらず、客に対して性的サービスを強制されたりするケースが後を絶たない。このママさんは性的搾取にあった知人を救うため、来日した経験もある。

悪徳業者の暗躍で人身売買に巻き込まれてしまうケースがある一方、日本でパトロン役の男性を見つけ出し、一攫千金を狙う女性が多い、とも語る。

「お金持ちの大きな獲物を捕まえる機会と捉えている女の子もいます。オカネモチ、オジサン、カンタン、ダマス」(ママさん)

「ジャパユキ」の変遷

フィリピン外務省は声明で、「働き口がある」と悪徳業者に騙され、日本に違法入国した場合、性的産業で強制労働させられる危険性を指摘した。

「就労を約束したにも関わらず、日本での労働ができない観光ビザで入国させる」「日本人と偽装結婚する」など具体的な手口も挙げている。それらの誘いに乗らず、渡日する場合は政府機関で正式手続きを踏むように訴えた。

フィリピン政府は、出稼ぎ労働者から送金される外貨で国内経済を潤す経済政策をとっている。いわゆる「労働力の輸出」だ。海外からの送金額は、フィリピンの国内総生産(GDP)の約1割に達し、経済を下支えしている。

日本では1980年代から、フィリピンパブで働く女性出稼ぎ労働者「ジャパユキ」が急増した。当時、彼女らは名目上、「興行ビザ」で芸能人や歌手として入国し、労働する形態が主流だった。

90年に日本が入管法を改正して以降、審査が厳格化され、興行ビザで入国する「ジャパユキ」は減少。それに変わって、労働が許可されていない観光ビザ、もしくは偽装結婚して渡日し、仕事を得るケースが急増した。

フィリピン外務省によると、2015年中に報告があった日本への人身売買は6件。うち2人は性的に搾取され、4人は強制労働の被害にあったという。これは報告件数で、氷山の一角と言われる。

1/2ページ

最終更新:8/7(日) 11:52

BuzzFeed Japan