ここから本文です

【リオ五輪】満身創痍だった三宅宏実 「一日一生」の努力で最後に銅メダル

BuzzFeed Japan 8月7日(日)11時9分配信

三宅という大樹が、銅メダルという果実を実らせた。リオ五輪・重量挙げ女子48キロ級、三宅宏実が合計188キロを挙げ、銅メダルを獲得した。ロンドン五輪の銀メダルに続き、2大会連続のメダル獲得となる。【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【リオ五輪】荻野と瀬戸はダブル表彰台、三宅の銅… 2日目のメダリスト(写真)

重量挙げという競技について「一本の木というか、下からのエネルギーをとにかく上に爆発させる」とNHKのインタビューで語っていた三宅。成功がなかなか出ない中で、最後のクリーン&ジャーク3本目、107キロのバーベルを天に挙げる美しい姿は、まるで大樹のようだった。

バーベルを挙げた瞬間、三宅の口からは「やったー」と喜びが漏れる。下ろしたバーベルを愛おしそうに撫でた後、16年間、二人三脚で進んできた父・義行さんとハイタッチを交わした。

「一日一生」

三宅が大事にしている言葉だ。2013年に亡くなった天台宗の酒井雄哉氏の著作にある。一日を一生のように精一杯生きるという意味だ。

2012年12月、この競技では致命的ともいえる腰痛を発症。半年間、練習もままならないころにこの言葉と出会った。

2015年4月には左膝の痛みを悪化させ、それをかばう内に再び腰痛を発症。それでも、三宅は全力で過ごす一日を重ねリオ本番へと向かった。

大会直前の8月3日には、12年ぶりとなる痛み止めの注射を打った。体は満身創痍だった。その中で得た銅メダルだからこそ、ロンドンの銀メダルとは違う輝きがある。

三宅は晴れやかな顔で表彰台に上がり、一日一生の結果であるメダルを受け取った。

最終更新:8月7日(日)15時23分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]