ここから本文です

【リオ五輪】満身創痍だった三宅宏実 「一日一生」の努力で最後に銅メダル

BuzzFeed Japan 8/7(日) 11:09配信

三宅という大樹が、銅メダルという果実を実らせた。リオ五輪・重量挙げ女子48キロ級、三宅宏実が合計188キロを挙げ、銅メダルを獲得した。ロンドン五輪の銀メダルに続き、2大会連続のメダル獲得となる。【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【リオ五輪】荻野と瀬戸はダブル表彰台、三宅の銅… 2日目のメダリスト(写真)

重量挙げという競技について「一本の木というか、下からのエネルギーをとにかく上に爆発させる」とNHKのインタビューで語っていた三宅。成功がなかなか出ない中で、最後のクリーン&ジャーク3本目、107キロのバーベルを天に挙げる美しい姿は、まるで大樹のようだった。

バーベルを挙げた瞬間、三宅の口からは「やったー」と喜びが漏れる。下ろしたバーベルを愛おしそうに撫でた後、16年間、二人三脚で進んできた父・義行さんとハイタッチを交わした。

「一日一生」

三宅が大事にしている言葉だ。2013年に亡くなった天台宗の酒井雄哉氏の著作にある。一日を一生のように精一杯生きるという意味だ。

2012年12月、この競技では致命的ともいえる腰痛を発症。半年間、練習もままならないころにこの言葉と出会った。

2015年4月には左膝の痛みを悪化させ、それをかばう内に再び腰痛を発症。それでも、三宅は全力で過ごす一日を重ねリオ本番へと向かった。

大会直前の8月3日には、12年ぶりとなる痛み止めの注射を打った。体は満身創痍だった。その中で得た銅メダルだからこそ、ロンドンの銀メダルとは違う輝きがある。

三宅は晴れやかな顔で表彰台に上がり、一日一生の結果であるメダルを受け取った。

最終更新:8/7(日) 15:23

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]