ここから本文です

イタイイタイ病の歴史と今を学ぶ/富山

チューリップテレビ 8/7(日) 1:13配信

 カドミウム汚染から復元した土地や鉱山をバスで廻る日帰りツアーがおこなわれ、県内外の小学生がイタイイタイ病の歴史と今を学びました。
 
 これはイタイイタイ病資料館が毎年企画しているもので今年は小学3年生から6年生までの児童と保護者など36人が参加しました。
 児童たちは、はじめにイタイイタイ病資料館を訪れ、全身の骨がもろくなり激しく痛む病状や、原因が神通川上流の神岡鉱山から流れ出たカドミウムだったことなど説明を受けました。
 児童たちは、その後、カドミウムに汚染され6年前にようやく復元された田んぼや神岡鉱業の施設を見学するなどして、イタイイタイ病の歴史と今を学んでいました。

チューリップテレビ

最終更新:8/7(日) 1:13

チューリップテレビ