ここから本文です

杉田祐一 逆転勝利でリオ五輪2回戦進出<男子テニス>

tennis365.net 8月7日(日)6時3分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は6日、男子テニスのシングルス1回戦が行われ、オリンピック初出場である世界ランク107位の杉田祐一(日本)は同334位のB・ベイカー(アメリカ)に5-7, 7-5, 6-4の逆転で勝利し、2回戦進出を決めた。

この試合、ベイカーの強打に押されて第1セットを落とした杉田は、第2セットの第5ゲームでブレークに成功するも、続く第6ゲームですぐにブレークバックを許す。その後、第11ゲームで2度目のブレークに成功すると第12ゲームでは攻め続け、このセットを取りファイナルセットへ持ち込む。

その後、勢いに乗った杉田は3度のブレークに成功し、2時間21分で勝利を手にした。

2回戦では、第15シードのG・シモン(フランス)とB・チョリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

当初、杉田は今大会に出場予定ではなかったが、R・フェデラー(スイス)やJ・ヴェセリ(チェコ共和国)らが欠場を表明したため、繰り上がりでダニエル太郎(日本)と共にオリンピック初出場が決まった。

同日の1回戦では、第4シードの錦織圭(日本)が世界ランク33位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に6-2, 6-4の快勝で初戦突破。世界ランク118位のダニエル太郎は第14シードのJ・ソック(アメリカ)を6-4, 6-4のストレートで破る番狂わせを起こし、2回戦進出を果たした。

女子では土居美咲(日本)がY・シュウェドワ(カザフスタン)、日比野菜緒(日本)はI・C・ベグ(ルーマニア)と初戦で顔を合わせる。また、女子ダブルスには土居/ 穂積絵莉(日本)組が第2シードのC・ガルシア(フランス)/ K・ムラデノヴィック(フランス)組との初戦に挑む。

tennis365.net

最終更新:8月7日(日)6時3分

tennis365.net