ここから本文です

日本ハム大谷翔平が首位相手に見せた圧倒的な存在感

Full-Count 8/7(日) 10:15配信

1試合2発、今季ホークス戦は8本塁打を放っている大谷

 負けられない試合で、さすがの存在感を放った。北海道日本ハム・大谷翔平が6日、2本塁打4打点の大活躍で福岡ソフトバンクに快勝。敗戦か引き分けであれば、福岡ソフトバンクにマジックが点灯するという状況で、二刀流がバットで貢献した。

【動画】日ハム大谷がソフトバンク戦で見せた、圧巻の一発

 3回無死1塁、相手先発・千賀の3球目を左翼席へ放り込んだ。直前の中島卓が13球粘った末に四球で出塁したことも大きかった。「粘ってくれて、後ろでいっぱい見られましたし、何とか食らい付いていこうと思いました。入ってくれて良かった」。リードを3点に広げる第15号2ラン。1塁ベースを蹴ると、手を挙げて喜びを表現した。

 だが、相手はソフトバンク。3点では安心できない状況で、日本ハム打線の攻めが止まらなかった。6回2死一、二塁、大野が左翼へ2点適時二塁打。開幕から8勝負け無しできていた千賀から5得点をたたき出した。

 そして7回だ。1死二塁、2番手の嘉弥真の2球目。大谷はすくい上げるようにして振り抜くと、ボールはバックスクリーンに一直線。勝利を決定付ける2ラン。「すごくいい打撃ができたかなと思います」と自画自賛の16号だった。

依然としてソフトバンク有利も…

 球宴前の7月中旬に右手中指のマメをつぶし、その影響で後半戦はまだ先発のマウンドに立てていない大谷。これまで日曜日の登板が多かった右腕だが、7日も打者に専念することが濃厚だ。今季16本の本塁打のうち、8本をソフトバンク相手に放っている。すでに投手としても超一流の実力を発揮しているが、ソフトバンクからみれば、打者・大谷も脅威の存在といえるだろう。

 これでゲーム差を再び5に戻した日本ハム。マジック点灯を阻止し、大事な3連戦の勝ち越しを7日にかけることになる。

「高梨さんがいい投球をしていたので、何とか勝ちたかった。明日につなげることができて良かった。明日が大事だと思うので、何とか必死に取りにいきたい」

 依然としてソフトバンクの優位は揺るがないが、6、7月に球団新の15連勝を記録した爆発力が日本ハムにはある。奇跡の大逆転のためにも、負けられない一戦。大谷の打撃に、大きな期待がかかる。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

最終更新:8/7(日) 10:28

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革