ここから本文です

土居・穂積組 第2シード破る、リオ五輪初戦突破<女子テニス>

tennis365.net 8月7日(日)6時43分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は6日、女子テニスのダブルス1回戦が行われ、土居美咲(日本)/ 穂積絵莉(日本)組が第2シードのC・ガルシア(フランス)/ K・ムラデノヴィック(フランス)組を6-0, 0-6, 6-4のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

この試合、土居/ 穂積組は第1セットでガルシア/ ムラデノヴィック組に1ゲームも与えない試合を展開するも、第2セットでは上位シードの力を発揮してきたガルシア/ ムラデノヴィック組を前に1ゲームも取れず、勝敗はファイナルセットへ。

その後、ファイナルセットではガルシア/ ムラデノヴィック組に与えた4度のブレークポイントを全てしのぎ、1度のチャンスをものにした土居/ 穂積組は1時間38分で勝利した。

2回戦では、D・カサキナ(ロシア)/ S・クズネツォワ(ロシア)組とA・グローネフェルド(ドイツ)/ L・シゲムンド(ドイツ)組の勝者と対戦する。

女子シングルスでは土居がY・シュウェドワ(カザフスタン)、日比野菜緒(日本)はI・C・ベグ(ルーマニア)と初戦で顔を合わせる。

また同日の男子シングルス1回戦では、第4シードの錦織圭(日本)が世界ランク33位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に6-2, 6-4の快勝で初戦突破。同118位のダニエル太郎(日本)は第14シードのJ・ソック(アメリカ)を6-4, 6-4のストレートで破る番狂わせを起こし2回戦進出。同107位の杉田祐一(日本)は同334位のB・ベイカー(アメリカ)に5-7, 7-5, 6-4の逆転で勝利した。

tennis365.net

最終更新:8月7日(日)6時43分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。