ここから本文です

首位攻防で勝ち越し狙うSB、第3戦先発の中田「攻める時はしっかり攻めたい」

Full-Count 8/7(日) 10:57配信

「一人一人いくしかない」

 7日、ソフトバンク・中田賢一が日本ハムとの首位攻防第3戦に先発する。中田にとっては、7月20日、北九州市民球場でのオリックス戦以来の登板となる。日本ハム戦は1試合に登板して0勝1敗ながら、6回1/3を自責点1と試合は作っている。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

「一人一人いくしかない。足の速いバッターも多いので、しっかりとケアしながらやるだけ。とにかく攻める時はしっかり攻めたい」

 前回登板から約2週間が経過しているが、その間の7月28日には2軍のオリックス戦で先発し、5回を64球、1失点にまとめている。

「今はできるだけ球数を少なくすることに取り組んでいるが、ファームでそれも実践できている。どの球種でもストライクが取れるようにやってきて、自分の中でつかめているものもある」

 たとえ敗れても慌てるゲーム差ではないものの、日本ハム相手に3カード連続で負け越すことは今後の戦いにも大きく影響する。7日は、中田自身が感じている手応えをヤフオクドームのマウンドで発揮して、チームをカード勝ち越しへと導きたい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiur

最終更新:8/7(日) 11:03

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています