ここから本文です

【高校野球】優勝校に挑んだ初めての甲子園 「フェアプレーの出雲」は最後まで笑顔だった

BuzzFeed Japan 8/7(日) 18:05配信

夏の甲子園初日の8月7日。第2試合。18回目の出場で春の勝校でもある智弁学園(奈良)に、初出場の出雲(島根)が挑んだ。
【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

出雲は、島根大会の決勝で話題を呼んだチームだ。

優勝が決まった瞬間のこと。林将広捕手(3年)が、マウンド上の歓喜の輪に入らず、淡々と相手チームのバッドを片付けた姿は、多くの人の胸を打った。

そんな「フェアプレー精神」に溢れた出雲がのぞむのは、出場18回目の強豪校。

吾郷寛太主将は抽選会後、「対戦が決まったときはうれしかった。僕らが失うものは何もない」と語っていた。

地方大会の戦績で見ると、本塁打数は智弁学園が5本に対し、出雲は0本。長打数も15本と9本と、相手の強打線は圧倒的だ。

だからこそ、出雲は持ち前の機動力を生かし、ロースコアに持ち込もうとしていたという。

そして迎えたこの日。序盤に3点のリードを許すものの、3回裏に、出雲に好機が。

ヒットで原暁投手(3年)が出塁。犠打でランナー2塁のチャンスをつくる。

2アウトで打席に立ったのは、2年生の橋本典之選手だった。島根大会では、チーム最多11安打を放った1番バッター。ベンチとアルプススタンドからの声援が、ひときわ大きくなる。

カツンと、軽やかな金属音が響く。風に乗った白球は左翼手の頭を超えた。

スタンドが沸きかえる。初出場の出雲が、選抜優勝校から1点をもぎ取った瞬間だった。

しかし、得点はこの1点のみ。6-1で、出雲の夏は終わった。

試合後、整列した出雲ナイン。力を尽くし、笑顔を見せる選手もいるなか、智弁学園の勝利を、拍手で称えた。

それでも、グラウンドを去るときのことだ。

溢れ出る涙を抑えられないのか、帽子で顔を隠すようにしている選手たちの姿があった。

島根大会中から「本気で遊んでこい」と指導し続けてきたという植田悟監督。選手たちをこうねぎらった。

「最高の舞台で、最高の相手と勝負することができた。選手たちは最後まで生き生きとした目で、プレーしてくれた」

出雲市の広報課も、その善戦の感想をFacebookに書き留めた。

「全国屈指の強豪校を相手に、爽やかな笑顔とはつらつとしたプレーで、最後まであきらめずに頑張り抜いたその姿は、私たちに興奮と感動を与えてくれました」

最終更新:8/7(日) 20:00

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]