ここから本文です

ベスト8唯一の2年生勝ち残り大成高校の武藤は準々決勝敗退<テニス>

tennis365.net 8月7日(日)11時8分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

高校日本一の座を決めるインターハイ(平成28年全国高等学校総合体育大会)は競技6日目の7日、松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)で男子シングルス準々決勝が行われ、武藤洸希(東京/大成)は横尾敦司(大分/大分舞鶴)に2-6, 4-6のストレートで敗れ、ベスト4進出はならなかった。

【インターハイ対戦表】

武藤は、3回戦で今年3月に行われた全国選抜高校テニス大会優勝者である菊地裕太(兵庫/相生学院)を破っての勝ち上がり。男子シングルスでベスト8まで勝ち残った唯一の2年生だった。

一方、勝利した横尾は準決勝で野口莉央(日本)(神奈川/湘南工科大附)と対戦する。

個人戦シングルスは128名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。1-4回戦までは8ゲームズプロセットで行われていたが、準々決勝からは3セットマッチで行われる。

2日から4日にかけて行われた団体戦では、男子は相生学院が4年ぶりの優勝。女子は野田学園が春夏連覇を達成した。

tennis365.net

最終更新:8月7日(日)11時8分

tennis365.net