ここから本文です

インターハイ、男子シングルス相生学院の大島立暉は準々決勝敗退<テニス>

tennis365.net 8月7日(日)11時52分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

高校日本一の座を決めるインターハイ(平成28年 度全国高等学校総合体育大会)は競技6日目の7日、松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)で男子シングルス準々決勝が行われ、大島立暉(兵庫/相生学院)は山尾玲貴(福岡/柳川)に6-2, 7-6 (7-5)のストレートで敗れ、ベスト8に終わった。

【インターハイ対戦表】

この試合、大島はバックハンドにボールを集められて主導権を掴めず第1セットを落とす。第2セットでペースを掴みかけた場面もあったがタイブレークの末に落とし、準々決勝敗退となった。

相生学院のエースである大島は、4日まで行われていた団体戦で出場した試合全て勝利する活躍でチームの4年ぶりの優勝に大きく貢献。今大会では、菊地裕太(兵庫/相生学院)とのダブルスでも4強入りを果たしており、団体・シングルス・ダブルスの3冠達成に期待がかかっていたが、叶わなかった。

今年3月に行われた第38回全国選抜高校テニス大会の優勝者である菊地は、3回戦で武藤洸希(東京/大成高校)に敗れて既に姿を消している。

一方、勝利した山尾は準決勝で田中優之介(埼玉/秀明英光)と対戦する。田中は、同日の試合で第1シードの今村昌倫(大阪/清風)破っての勝ち上がり。


個人戦シングルスは128名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。1-4回戦までは8ゲームズプロセットで行われていたが、準々決勝からは3セットマッチで行われている。

2日から4日にかけて行われた団体戦では、男子は相生学院が4年ぶりの優勝。女子は野田学園が春夏連覇を達成した。

tennis365.net

最終更新:8月7日(日)11時52分

tennis365.net