ここから本文です

インターハイ6日目、田中優之介が1シード今村破り4強入り<テニス>

tennis365.net 8月7日(日)12時32分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

高校日本一の座を決めるインターハイ(平成28年 度全国高等学校総合体育大会)は競技6日目の7日、松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)で男子シングルス準々決勝が行われ、田中優之介(埼玉/秀明英光)が第1シードで今年3月の全国選抜高校テニス大会の準優勝者である今村昌倫(大阪/清風)を7-6 (7-5), 6-2のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

【インターハイ対戦表】

この試合、第1セットを先取した田中の勢いは第2セットでさらに加速し、ストレートで勝利を決めた。

田中は今大会の4回戦で岡垣光祐(岡山/岡山理大付)を下しての勝ち上がり。今年1月の全豪オープンジュニアでは野口莉央(日本)(神奈川/湘南工科大附)とのペアでベスト8進出を果たした。

敗れた今村は要所でウィナーを放つも、ミスも多く犯して敗れた。

準決勝では、山尾玲貴(福岡/柳川)と対戦する。山尾は同日の試合で相生学院のエースである大島立暉(兵庫/相生学院)を破っての勝ち上がり。

個人戦シングルスは128名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。1-4回戦までは8ゲームズプロセットで行われていたが、準々決勝からは3セットマッチで行われる。

2日から4日にかけて行われた団体戦では、男子は相生学院が4年ぶりの優勝。女子は野田学園が春夏連覇を達成した。

tennis365.net

最終更新:8月7日(日)12時32分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。