ここから本文です

ビッグクラブからの関心に目もくれず10年目へ! ナポリ、ハムシクとの契約を2020年まで延長

theWORLD(ザ・ワールド) 8月7日(日)15時31分配信

チームの象徴が愛するナポリに残留

ナポリは6日、スロバキア代表MFマレク・ハムシクとの契約を2020年まで延長したことを発表した。

現在29歳のハムシクは2007年夏にブレシアからナポリへ移籍。2008年には、イタリア人以外では初となるオスカル・デル・カルチョ(イタリアサッカー協会主催の個人賞)の若手サッカー選手賞を受賞した。その後もチームの中心選手として活躍してきたハムシクは、在籍9シーズンで400試合以上に出場し、98ゴールを挙げている。そんな彼には、レアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘン、ドルトムントなどが興味を示していると報じられてきたが、愛するナポリへの残留が決まった。

ナポリ生活10年目へ突入するハムシクだが、新シーズンはこれまで以上の活躍を見せてもらいたいものだ。怪物ストライカーのゴンサロ・イグアインが抜けたこともあり、彼への期待は今まで以上に大きいかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月7日(日)15時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。