ここから本文です

チェルシーで唯一無二の主将テリーがアメリカ遠征を総括「みんなのフィジカルを戻すことができた」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月7日(日)18時30分配信

昨季の二の舞にならないためにも

レスターの心臓であるエンゴロ・カンテの獲得や新指揮官にアントニオ・コンテを招へいするなど、チェルシーは昨季の不振を払拭し、王座奪還を目指している。そんな同クラブで、新シーズンもチームの主将に任命された元イングランド代表DFジョン・テリーが先日終えたばかりのアメリカ遠征を振り返った。

クラブの公式サイトによると、テリーはインタビューで次のように述べている。

「アメリカ遠征の最終戦を勝利で締めくくることができて良かった。プレシーズンとしては上々の遠征だったよ。みんなのフィジカルを戻すのが目的の遠征だったけど、うまくいったと思う」

「コンテはとてもすばらしいよ。彼は新しいアイデアや仕組みをチームへもたらしてくれたんだ。チームもそれに適応しようと頑張っているしね。そのおかげで、アメリカ遠征では良いパフォーマンスが披露できたよ。まだまだ改善の余地はあるけど、監督も満足してくれているんじゃないかな」

アメリカ遠征を良いものにできたと述べたテリーだが、DFの中心としても、精神的支柱としてもチームの復活に貢献することができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月7日(日)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]