ここから本文です

【高校野球】選抜Vの智弁学園、エース村上がまたも完投勝利 春夏連覇へ好発進

Full-Count 8月7日(日)15時18分配信

今春選抜では全試合完投、春夏で6試合連続完投勝利

 夏の甲子園大会1日目、第2試合が行われ、今春の選抜優勝した奈良・智弁学園が初出場の島根・出雲を6-1で破り、初戦を突破した。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 智弁学園は初回、1番・納のヒットから犠打で走者を進めると3番の太田が大会2号となる先制2ランを中堅へ運んだ。3回には4番の福元のタイムリーで3点目。6回には納のスクイズ、8回には中村の左翼越え三塁打などでリードを広げた。

 選抜では5試合すべて完投勝利、3完封するなど優勝へ大きく貢献したエース村上。この日もマウンドを守り抜いた。3回に失点したが、緩急自在の投球で相手に的を絞らせず、制球力もあった。選抜からこれで6試合連続完投勝利。春からポジションや打線の変更をしてさらに高みを目指す智弁学園が、史上8校目の春夏連覇へ発進した。

 出雲は惜しくも敗れたが選抜王者に最後までくらいついた。3回途中からリリーフした背番号3の左腕・加藤が粘りの投球で8回まで流れを完全に渡すことはなかった。3番の新宮も村上をとらえて安打を放つなど、ハツラツとしたプレーを見せた。そのプレーに一塁アルプス席も大きく沸いていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月7日(日)15時46分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。