ここから本文です

トッテナムに6失点の大敗を喫したインテル、マンチーニ監督「負けることが好きな人はいない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/7(日) 20:30配信

目標はリーグ戦4位以上!

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは5日、トッテナムとプレシーズンマッチを行い、1-6の大敗を喫した。しかし、インテルのロベルト・マンチーニ監督は、この試合もポジティブに捉えているようだ。

マンチーニ監督はクラブの公式チャンネル『Inter Channel』で次のように述べている。

「負けることが好きな人なんていない。特にそれが1-6の大敗ならばなおさらだ。ただ、前半は良かったよ。選手全員が揃って試合へ臨むのは初めてだったけど、良いプレイがいくつかあった。50分を過ぎたあたりから、我々のミスが目立ってきてしまったね。それがこの試合の最終スコアとして現れたんだ。負けることは良いことではないけど、良い面を忘れずに今後へつなげたい。クオリティの高いチームと戦えて良かったよ。新シーズン、我々は4位以上を目指している。これは我々の力をもってすれば十分に達成可能な目標だ。そのために今後も一生懸命に努力していくよ」

はたしてインテルはリーグ戦を4位以上で終え、昨季は逃してしまったチャンピオンズリーグへの出場権を獲得することができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/7(日) 20:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合