ここから本文です

ビジャレアル、ドイツ育ちのイタリア代表FWをサッスオーロから獲得することでクラブ間合意

theWORLD(ザ・ワールド) 8月7日(日)23時0分配信

近日中に正式発表

ビジャレアルは7日、サッスオーロからイタリア代表FWニコラ・サンソーネを獲得することでクラブ間合意に達したと発表した。

サンソーネはすでにチームへ合流しており、メディカルチェックも終えている。彼は近日中に5年の契約期間にサインするようで、そののちに正式発表を行うとのことだ。なお、伊『caiciomercato』などの複数メディアによると、移籍金は1300万ユーロで、年俸は200万ユーロと報じられている。

現在24歳のサンソーネはドイツで生まれで、バイエルン・ミュンヘンの下部組織で育った。2010年に同クラブのセカンドチームでプロデビューを果たしたが、トップチームでの出場がないまま2011年にイタリアのパルマへ。初年度はクローネへレンタル移籍をし、2012年から2シーズンに渡って同クラブで過ごしている。その後、2014年にサッスオーロへ加入。昨季は33試合に出場し、7ゴールを挙げる活躍を見せていた。一方、代表ではイタリア代表の各年代でプレイ。2015年6月に行われたポルトガル代表選でフル代表デビューを飾っている。

サンソーネは自身初のスペインで結果を残すことができるか。初年度からの活躍に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月7日(日)23時0分

theWORLD(ザ・ワールド)