ここから本文です

燃える鳥居、花火と競演 箱根町・芦ノ湖

カナロコ by 神奈川新聞 8月7日(日)6時32分配信

 箱根町・芦ノ湖で5日夜、湖上に設置した大鳥居を焼く「鳥居焼まつり」が行われた。鳥居が燃える中、花火が打ち上げられ、観光客らは湖畔や船上から競演を楽しんだ。

 町では7月31日から芦ノ湖夏まつりウイークと題して、イベントを開いており、そのフィナーレとなるイベント。大鳥居に火が付けられた後、午後8時ごろから約3500発の花火が打ち上げられた。

 毎年見物に訪れるという箱根町箱根の会社役員(71)は「昨年は大涌谷周辺の火山活動活発化の影響もあったが、観光客も戻ってきており、多くの人が来ていた印象だ。お盆を迎えるが、シーズン本番を前に町にとって幸先の良いスタートになったと思う」と話していた。

最終更新:8月7日(日)6時32分

カナロコ by 神奈川新聞