ここから本文です

川崎沖でタンカー同士衝突 軽油流出

カナロコ by 神奈川新聞 8月7日(日)13時30分配信

 7日午前9時30分ごろ、東京湾の川崎市川崎区扇島の沖合で、日本籍のタンカー「第八けいひん丸」(144トン)とパナマ船籍のタンカー「イースタンフェニックス」(3380トン)が衝突した。

 第八けいひん丸は浸水し、漂流している。乗組員3人は近くを航行していた船に救助され、けが人はいなかった。

 横浜海上保安部によると、第八けいひん丸が運んでいた軽油が海中に漏れており、巡視艇が防除作業を行っている。海保は航行中の船舶に、現場に近づかないよう注意を呼び掛けている。イースタンフェニックスは溶融硫黄4220トンを積載していたが、積み荷に異常はないという。

 イースタンフェニックスの乗組員が、東京湾海上交通センター(横須賀市)に「小型船と接触した」と無線で連絡した。

最終更新:8月7日(日)15時0分

カナロコ by 神奈川新聞