ここから本文です

フェラーリは技術提携に「慎重すぎる」と、パートナーのハースが苛立ち

オートスポーツweb 8月7日(日)13時36分配信

 ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは、フェラーリとのコラボレーションから、さらに多くの成果を引き出したいと希望を述べた。スクーデリアの「ためらいがちな姿勢」に、軽い苛立ちを感じているという。

フェラーリは2017年に向けたウエットタイヤのテストを担当

 ハースはデビューシーズンの前半戦で、28点の選手権ポイントを獲得した。ただし、このうち22点は序盤の4戦で記録したものだ。これについてハースは、フェラーリとの提携がまだ十分に活用されておらず、それさえできれば、さらに多くの得点も可能だったと考えている。

 ハースは、マラネロからエンジンの供給を受けているだけでなく「指定パーツ」の規則を利用して、フェラーリ製の部品を多数使用している。

「フェラーリとの提携は、とてもうまく機能している。さらに望むとすれば、もっと多くのものを引き出したい」と、ジーン・ハース。

「フェラーリの側には、私たちとの提携に関して、ややためらいがちな姿勢も見られる。FIAの規則の問題があるからだ。ルールに一切抵触しないように、彼らはあらゆることに極度に慎重になっている。もちろん私たちの提携で行われていることについて、FIAに何の隠しごともしていない。だが振り返ってみれば、もっとできることがあったような気もする」

 ハースが「もっとできることがあった」と考えているのは、とくに「クルマの開発」に関してだ。

「多くの人が、ハースのクルマはフェラーリとほとんど同じだと思っている。だが、実際にはかなり違うところがあるし、私たちはシャシーの扱い方が理解できずに苦労している。フェラーリから多数のパーツが供給されていても、それらがどう機能するかについての情報は、開示されていない部分も少なくない」

「そうなると、結局はそれを知っている人間を雇うしかない。私たちは白紙の状態からチームを立ち上げ、ここまで自力で学ばなければならないことが、ものすごく多かった。そして、どうすればクルマを機能させられるか、より深く理解するために、また人を雇う必要に迫られている」

「(ルールがあるので)フェラーリへ出向いて『これは、どう機能するの?』と質問することはできない。すべて自力で探し当てなければならないんだ。おそらく私たちの最大の弱点はそこにある。フェラーリから来るコンポーネント、ダンパー、サスペンション、ERSといったものが、どう働くのか、まだ完全には理解しきれていない。そのすべてを短期間で把握するのは、なかなか容易なことではないんだ」

 フェラーリとしては、すべてが公明正大で、かつFIAに許容されるように留意せざるをえない。それは十分に理解できるが、だとしても彼らは少々慎重になりすぎている、とハースは主張する。

「突き詰めて言えば、フェラーリにはメルセデスに勝つという目標があり、私たちにはグリッド後方の競争相手に勝つという目標がある。いわば共通の目標を持っているわけだ。それを実現するために私たちにできることは、何であれ双方の役に立つはずだ。だから私は、もっと提携を強化するのが、双方にとって良いことだと思う」

「ところがフェラーリは、ものすごく慎重になっている。彼らはFIAの指示を、すべて厳密に守ろうとしているからだ。その態度があまりに生真面目なために、私たちとしては少々苛立ちを感じるほどだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月7日(日)13時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]