ここから本文です

佐久長聖、終盤に粘りを見せるも初戦敗退 藤原監督「1点差の負けは監督の責任」

ベースボールキング 8月7日(日)13時6分配信

第98回 高校野球選手権大会
鳴門 3 - 2 佐久長聖
<1回戦 8月7日>

「第98回 全国高校野球選手権大会」が7日に開幕した。開会式直後の第1試合に登場した長野代表の佐久長聖は、終盤の粘りが及ばず、2-3で敗れた。

 エース小林玲雄(3年)と長野県予選決勝に先発し、完投勝利した塩沢太規(2年)の“二枚看板”で長野大会を2年ぶりに制した佐久長聖。この日は、エースの小林が先発した。だが、小林は初回、いきなり先頭打者に四球を与えると、二死三塁から2ランを浴び、2点を失う。

 2回は一死から四球と安打で一、三塁のピンチを招き、小林はここで降板。2番手として塩沢がマウンドに上がったが、鳴門の2番鎌田航平(3年)にタイムリーを許した。

 一方打線は5回に二死走者なしから3番の元山飛雄(3年)がヒットで出塁。続く甲田尚大の打席で、二塁に盗塁成功させると、甲田がセンター前にタイムリーを放ち1点を返す。

 7回は先頭の阪倉涼太郎(3年)がヒットで出塁。続く花岡遼太(3年)がきっちりと送りバントを成功させ、得点圏に走者を進めると、元山がライト前にタイムリーで1点差に迫る。しかし、続く甲田がダブルプレーに倒れ、同点に追いつくことができず。

 続く8回は二死から宮石翔生(3年)が二塁打を放つも、あと一本が出なかった。

【試合後の談話】
藤原弘介監督
「1点差の負けは監督の責任。もっと色々と仕掛けられればよかった。チャンスで1本が出なかった。(試合)後半は、攻撃パターンになりかけた。ただ、相手の河野投手が良かった。絞りきることができなかったです」

BASEBALL KING

最終更新:8月7日(日)15時27分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]