ここから本文です

“乗っている”小林悠が自画自賛のゴールでJ1記録に王手…平常心で8戦連発へ

SOCCER KING 8月7日(日)9時0分配信

 FW小林悠がJ1リーグ記録に王手をかけた。

 6日、川崎フロンターレは明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節でヴァンフォーレ甲府と対戦。2-0で迎えた56分、MF中村憲剛の浮き球のパスに反応した小林が得意の抜け出しで相手のマークを外すと、右足での絶妙なトラップから左足を振り抜き、ゴール左端に突き刺した。「裏(への抜け出し)を相当警戒されていましたけど、一瞬の隙を見逃さずにしっかりと突けた。憲剛さんがいいパスを出してくれました。(自分の)動きとパスがしっかりと合えばゴールにつながる」。この結果、元スペイン代表FWフリオ・サリナスが1997年から1998年にかけて横浜マリノス(現横浜F・マリノス)で記録した8試合連続ゴールまであと一つと迫った。

「動き出しとトラップ、ゴールまでの一連の動作すべてが完璧でした」

 自画自賛のゴールで連続ゴール数を7に伸ばした小林は、スタンドのファン・サポーターに向かって背番号「11」を両手で指し示し、力強いガッツポーズで喜びを表現した。これで7試合連続ゴールを記録しただけではなく、キャリアハイの13ゴールに到達したが、「言われて『そっか』と気付きました(笑)。あまり(ゴール数を)気にせずにやれているほうが、ゴールを取れると思うので、このまま無心でやっていければいい」と本人は全く意に介さない様子。中村もまた「あいつは狙ってないのがいいんじゃない? 一試合の中で来るであろうチャンスを決めればいい、という精神状態になっている」と話す。

 リーグ戦16試合負けなしと快進撃を続ける川崎の中で、小林の勢いは際立っている。ともに攻撃陣をけん引するFW大久保嘉人が「前に行く勢いがすごくある。今は乗っているからね。乗っているときは何でも入っちゃう」と語るように、その勢いは止まる気配がない。「Jリーグ記録に挑戦できるのは、今一人しかいないんだから、それを楽しんでほしい。俺はパスも出せるし、アシストをしてあげたい気持ちもある」と大久保は大記録に迫った後輩へエールを送る。

 J1記録の8試合連発は視界に入った。「意識したら(ゴールが)取れなくなるので、あまり意識しないようにしたい」と小林は次戦の敵地でも平常心でゴールを狙う。

SOCCER KING

最終更新:8月7日(日)11時2分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]