ここから本文です

昨季“岡崎超え”のハーフナーが開幕戦で2ゴール!!チームも3発快勝で好スタート

ゲキサカ 8月7日(日)4時27分配信

[8.6 エールディビジ第1節 ADOデンハーグ3-0ゴー・アヘッド・イーグルス]

 エールディビジは6日、第1節2日目を行い、FWハーフナー・マイクの所属するADOデンハーグはホームでゴー・アヘッド・イーグルスと対戦し、3-0で勝利した。3トップの中央で先発出場したハーフナーは2得点を記録。後半40分までプレーし、チームの白星スタートに大きく貢献している。

 昨季16ゴールを挙げ、2013-14シーズンにFW岡崎慎司がマインツで記録した15得点を上回り、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を更新したハーフナー。今季もADOデンハーグの攻撃の中心はこの男だった。

 前半15分、MFエドゥアール・デュプランがPA内で倒されてPKを獲得すると、キッカーを任されたハーフナーが冷静にGKの逆を突き、左足でゴール右へ。エースのオープニングゴールで同16分にADOデンハーグが先制に成功した。

 後半25分には十八番のヘディングも披露。FWルベン・スハーケンが右サイドのゴールライン際から送ったクロスが流れると、大外から走り込んだハーフナーが頭で押し込み、追加点を挙げた。

 後半37分のDFティロネ・エブエヒのゴールで3点差としたADOデンハーグは相手の反撃をゼロに抑え、3-0で快勝。2得点のハーフナーはチームとともに幸先のいいスタートを切った。

最終更新:8月7日(日)4時27分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。