ここから本文です

J1記録かかる小林悠を“援護射撃”だ!大久保「俺はパスも出せる」

ゲキサカ 8月7日(日)8時10分配信

[8.6 J1第2ステージ第7節 川崎F4-0甲府 等々力]

 これがエースの仕事だ。立ち上がりから引いて守る甲府を攻めあぐね、スコアレスのまま前半終了かと思われた前半44分、川崎フロンターレはMF橋本晃司の左CKからFW大久保嘉人が打点の高いヘディングシュートを叩き込み、試合の均衡を破った。

 2戦連発となる今季14点目が貴重な先制点。これでJ1通算170ゴールに到達した。「170」という“節目”については「まったくうれしくない」と無関心を貫く大久保だが、前人未到の4年連続得点王に向けてはチームメイトにも強力なライバルがいる。

 第2ステージ第7節を終え、得点ランキングトップはFWピーター・ウタカ(広島)の16ゴール。これを14ゴールの大久保、そして13ゴールのFW小林悠が追っている。小林はこの日、クラブ記録を更新する7試合連続ゴールをマーク。これには大久保も「前に行く勢いがある。ノッているときは何でも入っちゃう」と素直に賛辞を送る。

 次節13日の鳥栖戦(ベアスタ)でJ1タイ記録の8試合連続ゴールがかかる小林に対し、「J記録に挑戦できるのは一人だけ。それを楽しんでほしい」とエールを送る大久保は「アシストしてあげたいか? それもある。俺はパスも出せるからね」と、得点王を争うライバルへの“援護射撃”も約束した。

最終更新:8月7日(日)8時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]