ここから本文です

イブラ移籍のパリSGがまず1冠! 新戦力ベン・アルファら4発でリヨンを一蹴

ゲキサカ 8月7日(日)9時6分配信

[8.6 フランススーパー杯 パリSG 4-1 リヨン]

 2016-17シーズン開幕を告げるフランススーパー杯が6日に行われ、2015-16シーズンのリーグ1と国内杯優勝のパリSGが、リーグ1で2位だったリヨンと対戦し、4-1で勝利した。

 FWズラタン・イブラヒモビッチらが移籍し、指揮官もウナイ・エメリ監督に代わったパリSGが前半9分に先制点を奪う。左サイドからDFレイバン・クルザワが上げたクロスをゴール前に走り込んだMFハビエル・パストーレが左足で合わせ、スコアを動かした。

 フランス王者の勢いは止まらない。前半19分、MFアンヘル・ディ・マリアのスルーパスに反応したパストーレがPA左から中央に折り返すと、MFルーカスが相手DFともつれながらもゴールに押し込み、2-0とする。同34分にはPA左からディ・マリアがふわっと上げたボールをMFハテム・ベン・アルファが左足で豪快に決め、3-0で前半を折り返した。

 後半も主導権を握るパリSGは同9分、パストーレの素早いリスタートでDFの裏に抜け出したクルザワがGKとの1対1を制し、4-0。同42分にリヨンに1点を返されたが、4-1で逃げ切り、パリSGがまずは1冠を獲得した。

最終更新:8月7日(日)9時6分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。