ここから本文です

スアレスが古巣リバプールサポーターの愛に感謝「常に温かく迎えてくれる」

ゲキサカ 8月7日(日)14時44分配信

 バルセロナのFWルイス・スアレスが古巣リバプールのサポーターに感謝した。

 バルセロナは6日、ウェンブリー・スタジアムで行われたインターナショナル・チャンピオンズ杯(IC杯)でリバプールと対戦し、0-4で敗れた。昨季リーガ・エスパニョーラ得点王のスアレスは、先発出場も得点に絡むことができず、後半30分までプレーした。

 スアレスは、リバプールに在籍していた2011年1月から14年夏までで公式戦133試合に出場し、82得点を記録。2013-14シーズンにはプレミアリーグ得点王に輝いていた。バルセロナ移籍後も度々リバプール愛を語っているスアレス。この試合ではスタメン発表時や、交代の際にはリバプールサポーターからの大きな拍手を浴びていた。

 クラブ公式サイトによると、スアレスは「僕はリバプールのサポーターに常に愛されていると感じてきた。リバプールが僕に示してくれた敬意は僕が足跡を残した証拠だ」と喜び、自身のツイッター(@LuisSuarez9)を通じても「とても特別な日。全てのリバプールサポーターが、今日だけでなく常に温かく迎えてくれることに感謝している。YNWA(You'll Never Walk Alone/リバプールの応援歌)。ハードワークを続けよう」と綴っている。

最終更新:8月7日(日)14時46分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。