ここから本文です

松本、水戸から“強奪”のエース三島投入も…スコアレスでホーム連勝ストップ

ゲキサカ 8月7日(日)20時15分配信

[8.7 J2第27節 松本0-0水戸 松本]

 2位松本山雅FCはホームで水戸ホーリーホックと対戦し、0-0で引き分けた。2試合連続ドローでホームでの連勝も6でストップ。2位はキープしたが、首位・札幌との勝ち点差は「7」に広がった。

 水戸は前半11分、MF兵働昭弘の浮き球のパスに走り込んだMF船谷圭祐が胸トラップから左足を振り抜くが、GKシュミット・ダニエルがセーブ。松本も同33分、MF工藤浩平のスルーパスに反応したFW高崎寛之が右足で狙ったが、シュートは惜しくもゴール左に外れた。

 スコアレスで折り返した後半18分、水戸は高い位置でボールを奪い、センターサークルからMFロメロ・フランクがロングシュートを狙うが、枠を捉えたボールはシュミット・ダニエルが落ち着いて弾き出す。膠着状態が続く中、松本は後半38分、今夏に水戸から完全移籍で獲得したFW三島康平をピッチに送り込んだ。

 三島はこれが松本でのホームデビュー戦。水戸サポーターからはシーズン途中に電撃移籍した“元エース”にブーイングも飛んだ。松本は後半44分、工藤がゴールライン際から折り返し、三島が右足でシュート。決定的な場面だったが、GK笠原昂史が好セーブを見せ、ゴールを許さなかった。結局、試合は0-0のままタイムアップ。松本は3試合ぶりの無得点に終わり、ホームでの連勝が6でストップした。

最終更新:8月7日(日)20時23分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]