ここから本文です

49歳カズが逆転の起点に! J2最年長ゴール記録も更新し、C大阪撃破に大きく貢献

ゲキサカ 8月7日(日)20時59分配信

[8.7 J2第27節 C大阪2-3横浜FC 金鳥スタ]

 横浜FCが2点ビハインドからFW三浦知良の投入で流れを引き寄せ、セレッソ大阪に3-2で逆転勝利をおさめた。横浜FCは今季2度目の2連勝。一方のC大阪は4試合白星なし(1分3敗)となった。

 横浜FCが開始1分でチャンスを作る。FWイバのお年を受けたMF野村直輝が左に展開し、DF田所諒がクロスを供給すると、FW大久保哲哉が打点の高いヘッドで合わせる。これはGKキム・ジンヒョンに止められてしまうが、横浜FCが開始早々にらしい攻撃を展開した。

 入りこそよくなかったC大阪だが、MF関口訓充やMFソウザが積極的にシュートを放つなど、横浜FCのゴールに迫ると同18分にスコアを動かす。左サイドで関口とMF山口蛍とのパス交換からFW杉本健勇がドリブルを開始。強引にペナルティーアークまで持ち込むと右足を振り抜き、ゴール右隅に流し込んだ。

 後半もC大阪が主導権を握る。同10分、MF清原翔平のヒールパスから杉本が右足ミドル。先制点と同じような位置からのシュートだったが、これはGK南雄太に止められる。それでも同21分、左CKからファーサイドのDF山下達也が中央に折り返し、MF山村和也が左足ボレーを叩き込み、2-0とリードを広げた。

 2点ビハインドとなった横浜FCは後半24分にFW三浦知良を投入。すると、これで流れが横浜FCに傾いた。同30分、左サイドでボールを受けた三浦はシザーズ(ボールをまたぐフェイント)から浮き球パスを中央に送る。これは相手DFにカットされたが、三浦が拾ってPA左から右足を振り抜き、ゴール右隅に流し込み、1-2とした。

 三浦は6月19日の第19節・岐阜戦以来、8試合ぶり今季2点目。さらに自身の持つJ2最年長ゴール記録を49歳5か月12日に更新した。これで勢いづく横浜FCは後半34分、三浦が左に展開すると、DF永田拓也が上げたクロスをイバがヘッドで合わせ、同点。試合を振り出しに戻した。

 さらに横浜FCは後半アディショナルタイム1分、右サイドで仕掛けたイバが中央に折り返したボールをMF内田智也が右足で押し込み、逆転。三浦投入が奏功し、横浜FCが3-2の逆転勝利をおさめた。

最終更新:8月7日(日)21時3分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。