ここから本文です

ホームで被シュート19本も…千葉は無失点に手ごたえ「やられない感覚あった」

ゲキサカ 8月7日(日)21時43分配信

[8.7 J2第27節 千葉0-0愛媛 フクアリ]

 監督交代後初のホーム戦も、勝利で飾ることは出来なかった。これまで過去6年間、ホームでは全勝と相性の良かった愛媛FCをフクアリに迎えたジェフユナイテッド千葉だが、前半からシュート13本を浴びる苦しい展開。何とか無失点で耐えると、後半は交代で入った選手がチャンスを作る場面もあったが、無得点。愛媛にホームで初の勝ち点を献上した。

 しかし長谷部茂利監督以下、選手たちに悲観する様子はない。むしろ指揮官は、「コンビネーションのプレーだったり、攻撃の部分ではあと少し良くなれば、結果につながると思う。守備のところでも意識が高まった。当然、これまでも戦っていたが、より一層、最後の体を張ることが出来ている。泥臭いゲームですけど、今日は抑えることが出来たんじゃないか」と評価した。

 この日の被シュートは19本。千葉の9本の倍以上だった。しかしDF若狭大志は「多くのシュートは打たれたが、これはやられないなという感覚があった。それはここ最近ではなかったこと」と、10試合ぶりの無失点ゲームを前向きに捕らえる。FW船山貴之も「ここ最近は失点していたので、ゼロに抑えたのはよかったんじゃないか」と手ごたえを語った。

 ただ勝ち点1では到底満足するわけにはいかない。次戦は中3日で迎えるアウェー北九州戦。FW町田也真人は、「監督がやりたいことを理解して、(チームが)変わろうとしている。常にいいコンディションで出られるようにしていきたい」と力を込めた。

最終更新:8月7日(日)21時58分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]