ここから本文です

ピークトラムの重賞初制覇なるか/関屋記念の見どころ

netkeiba.com 8月8日(月)10時3分配信

 サマーマイルシリーズの第2戦。今年は重賞初制覇を狙うピークトラムや、実績馬ロサギガンティアなどがエントリーしてきた。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■8/14(日) 関屋記念(3歳上・GIII・新潟芝1600m)

 ピークトラム(牡5、栗東・橋口慎介厩舎)は前走の中京記念で2着。先行馬が崩れる展開で好位からよく脚を伸ばした。2走前の谷川岳S勝ちや、2歳時の新潟2歳Sで3着に入っているようにこの条件との相性は良く、今回も好走が期待される。

 ロサギガンティア(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は安田記念で9着に終わったが、前残りの展開で出遅れてしまっては仕方のないところだろう。ここでは実績・実力ともに上位だけに、巻き返しを期待したいところだ。

 ヤングマンパワー(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は2走前の谷川岳Sでピークトラムとクビ差の接戦を演じ、続く前走の降級戦をトップハンデ58キロでキッチリと制した。昨年の本レースでは9番人気3着と好走したが、今の充実ぶりならそれ以上の結果を見せてくれそう。

 その他、ダービー卿CTの勝ち馬マジックタイム(牝5、美浦・中川公成厩舎)、中京記念3着のケントオー(牡4、栗東・西橋豊治厩舎)、素質では見劣らないラングレー(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)、芝に戻るGI馬クラリティスカイ(牡4、美浦・斎藤誠厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:8月8日(月)10時30分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。