ここから本文です

ベッテルがドイツGPで珍しい勘違い。チェッカー前にスローダウン

オートスポーツweb 8月8日(月)8時49分配信

 セバスチャン・ベッテルが、ドイツGPで勘違いから1周早くスローダウンしていたことが分かった。幸いベッテルはポジションを失うことなく5位でフィニッシュした。

ベッテル、2017年仕様のタイヤを初テスト

 ドライバーはチェッカーフラッグを受けた後、重量を増やすため、わざとコース外に出てタイヤかすを拾いながら走行するが、formula1.comが公表したベッテルの車載映像を見ると、彼がファイナルラップにその行為を行っているのが分かる。その後、ベッテルは気付いてレーシングスピードに戻したものの、ベッテルは前の周より約7.4秒も遅いラップタイムで走っている。

 しかし6位で彼を追っていたのはチームメイトのキミ・ライコネンであり、十分なギャップもあったため、ベッテルは5位を守ることができた。

[オートスポーツweb 2016年08月08日]

最終更新:8月8日(月)8時49分

オートスポーツweb