ここから本文です

池田、片山が練習ラウンド 一時突風も

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月8日(月)9時4分配信

リオデジャネイロ五輪が開幕し、メダリストも次々に誕生しているが、オリンピックゴルフコースはまだ和やかな雰囲気に包まれている。男子大会の初日まであと4日。日本代表の池田勇太と片山晋呉は7日(日)、それぞれ練習ラウンドを行った。

撮れたて直送!リオ五輪フォトギャラリー

土曜日にブラジルに到着したばかりの池田だったが、この日は午前8時過ぎから18ホールをラウンド。「全英っぽくて、ティショットでの目標物がない。決め手を自分で作らないといけないから、あと2~3回ラウンドして、コースを頭の中にたたき込みたい」と、初ラウンドの印象を語った。

この日は一時、突風にも見舞われた。「ああいう風が吹くと狙いどころも変わってくる。ティショットはグリーンが終わったらすぐティに立って打たないといけないし、イメージ良く打ちたい」と池田。リズムよくラウンドをこなすためにも、コースの記憶は重要になってくるというわけだ。

一方の片山は前日のアウトに続き、この日はイン9ホールをラウンドした。すでにブラジル滞在も4日目とあって、リラックスムードでの調整を続けている。

前夜は初体験というブラジル名物の肉料理・シュラスコを堪能した。「すっごくたくさん食べたけど、まったく胃もたれしなかった。超うまい!」と絶賛。ブラジルワインも味わうなど、現地生活を堪能している。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

最終更新:8月8日(月)9時4分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]