ここから本文です

BCクラシックに向けて注目の一戦・ホイットニーSはフロステッドが逃げ切り勝ち

netkeiba.com 8月8日(月)11時48分配信

 06年のインヴァソール、10年のブレイム、12年のフォートラーンドと、過去10年の勝ち馬のうち3頭が秋にG1・BCクラシック(d10F)を制している、北米東海岸におけるダート中距離路線の基幹G1・ホイットニーS(d9F)が、8月6日にニューヨーク州のサラトガ競馬場で行われた。

 6頭立てとなった中、好スタートからハナを切ったのが、オッズ1.5倍の圧倒的1番人気に推されたフロステッド(牡4、父タピット)で、序盤でアップスタート(牡4、父フラッター、11.9倍の5番人気)に絡まれる場面があったため、半マイル通過=46秒42、6ハロン通過=1分9秒65というハイペースとなった。

 だが、同馬の脚色は最後まで衰えず、直前3連勝で臨みここがG1初挑戦だった上がり馬コムフォート(牡4、父インディアンチャーリー、8.2倍の3番人気)の追い込みを2馬身退けて逃げ切り勝ちで、自身3度目のG1制覇を果たした。

 2歳時から重賞戦線に顔を出し、3歳春にはG1ウッドメモリアルS(d9F)を制した他、ベルモントS(d12F)2着などの成績を残したフロステッド。4歳となった今季は更に進境を見せ、緒戦となったG2アルマクトゥームチャレンジ・ラウンド2(d1900m)を5馬身差で快勝。続くG1ドバイワールドC(d2000m)は5着に終わったものの、帰国緒戦となった前走G1メトロポリタンH(d8F)を14.1/4馬身差で圧勝していた。

 ブックメーカー各社はBCクラシックへ向けた前売りで同馬を、ドバイワールドC勝ち馬カリフォルニアクロームに次ぐ2番人気(オッズ4.5~5.5倍)に支持している。

(文:合田直弘)

最終更新:8月8日(月)12時15分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。