ここから本文です

世界に1冊だけのジャンプが作れる!マンガ誌アプリ「Myジャンプ」誕生

コミックナタリー 8月8日(月)0時0分配信

集英社の新たなマンガ誌アプリ・Myジャンプが、本日8月8日にiOS、Android向けにリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

Myジャンプは利用者がコンテンツを編成し、自分だけのジャンプを作成できるアプリ。メイン機能として「週刊Myジャンプ」と「MyジャンプBEST」の2つが設けられており、「週刊Myジャンプ」では、ちばあきお「プレイボール」や、ゆでたまご「キン肉マン」、鳥山明「DRAGON BALL」といった往年の名作から、尾田栄一郎「ONE PIECE」など現在連載中の作品まで約230タイトルより、自分の好きな作品を組み合わせて、毎週1冊自分だけのジャンプを読むことができる。料金プランは10作品分で月額480円、20作品分で840円。「週刊Myジャンプ」の対象タイトルは随時追加されていく。

一方「MyジャンプBEST」は、ジャンプ作品の中から自分がお気に入りのエピソードを1話ずつ選んでカスタマイズし、「感動シーンコレクション」「熱血シーンコレクション」など世界に1冊だけのジャンプを作れる機能。作成者または他のユーザーが作成した「Myジャンプ BEST」の閲覧には、10作品分で250円、20作品分で400円が必要となる。

またMyジャンプには、ユーザーの読んでいる傾向に合わせてマンガをオススメする「本日の無料マンガ」機能が設けられるほか、ジャンプ作家へのインタビュー、ジャンプファンの著名人が語る「自分とジャンプの思い出」などの特集記事を配信。マスコットキャラクターのマイとホンボットは鳥山が描き下ろしている。

このほかMyジャンプのリリースに合わせ、ケンドーコバヤシ、木村カエラ、坂口健太郎という、ジャンプに思い入れのある3人が作成したジャンプをアプリ内の特集ページで公開。さらに3人がジャンプの思い出を語ったプロモーションムービーが、YouTubeにて期間限定で配信される。

最終更新:8月8日(月)0時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。