ここから本文です

映画配給会社の仕事を全て公開、アップリンクが2日間ワークショップを開催

CDジャーナル 8/8(月) 17:07配信

映画配給会社の仕事を全て公開、アップリンクが2日間ワークショップを開催

映画配給会社の仕事を全て公開、アップリンクが2日間ワークショップを開催

 東京・渋谷に直営映画館を持つ、映画配給・製作会社「アップリンク」(www.uplink.co.jp)では、秋に公開される映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』(写真 / 監督: イーサン・ホーク)をケーススタディとして、配給のビジネス的側面である映画の買付費用、宣伝費用、配給収入の予測の具体的な数字などを通じて、1本の映画作品の配給の全てを教えるワークショップ〈配給サポート夏季2日間ワークショップ〉を開催します。

 また、このワークショップではいち早く『シーモアさんと、大人のための人生入門』の試写を実施し、まずは作品を観ることから始め、実際の配給宣伝のサポートになるような“新しい宣伝”について、参加者と一緒にディスカッションを通じて考えていくという企画も行なうとのこと。日程は8月16日(火)と23日(火)、定員は58名となっており、参加料は一般5,800円、学生4,000円(いずれも税込)。

最終更新:8/8(月) 17:07

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]