ここから本文です

菜々緒、魔性の花魁姿を初披露!松山ケンイチ×早乙女太一「ふたがしら2」に出演

映画.com 8月8日(月)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 松山ケンイチ、早乙女太一、入江悠監督がタッグを組んだWOWOW時代劇ドラマの続編「ふたがしら2」の劇中カットが、このほどお披露目された。前作で自由気ままに立ち回る“おこん”を演じた菜々緒が、今作も続投。写真は菜々緒が花魁(おいらん)役に初挑戦した場面を切り取っており、重さ約20キロの着物に身を包んだ妖艶な姿を確認することができる。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 オノ・ナツメ氏のコミックを原作に、悪人から金を奪う盗賊団「赤目」に属する豪放らい落な弁蔵(松山)とクールな切れ者・宗次(早乙女)が、「でっかいこと」を成し遂げるために一味を抜け、奮闘する様子を描く。前作のラストで自分たちの盗賊団「壱師」を築いた弁蔵と宗次は、今作では“かしら”として江戸の頂点を目指し、新たな戦いに身を投じる。

 菜々緒扮するおこんは、赤目の初代かしら・辰五郎(國村隼)の妻でありながら、その弟分・甚三郎(成宮寛貴)とも関係を持つという魔性の女。甚三郎が敵対する弁蔵と宗次に敗れてから、半年間行方をくらましていた。しかし、吉原での花魁道中で再び弁蔵たちの前に現れ、「遊女11人を盗み出してほしい」と依頼する。

 花魁役に初挑戦の菜々緒は、「お芝居をさせていただく人生の中で、なかなか出来ない役だと思うので、それが出来るということはすごく嬉しかったです」とコメントを寄せる。衣装の重みが印象的だったようで、「頭の重さだけでも4、5キロはあって、お着物で20キロくらい。高さのあるポックリみたいなもので、片足4キロとおっしゃっていたと思うので、ずっしりと身にしみましたし、ずっしりきました」と明かした。

 さらに、「(モデルとして)高いヒールを履いて歩いたりだとか、初めて履く靴で歩いたりとか、しょっちゅうなので、そういった意味で慣れているというか、対応出来る方だとは思う」と話すが、歩行訓練をつみ臨んだ撮影を「さすがに20キロぐらいの重さの衣装を着て、あの高さの靴を履いてというのは初めてだったので、慎重に歩かせていただきました」と振り返っている。

 連続ドラマW「ふたがしら2」は、前作同様「劇団☆新感線」の中島かずきが脚本を執筆。原作では語られていない、壱師の創生期をオリジナルストーリーで紡ぐ。9月17日から毎週土曜午後10時にWOWOWで放送。全5話。

最終更新:8月8日(月)6時0分

映画.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。