ここから本文です

GT-R開幕4連勝!カルソニックIMPUL GT-Rがポール・トゥ・ウィン/NISSAN

TopNews 8月8日(月)20時10分配信

8月7日(日)、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)ではSUPER GT第5戦が行われ、ポールポジションからスタートした#12カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)がトップを快走。全く危なげない走りで優勝を飾った。

● 星野一義監督「やっと勝ててホッ。追われる立場は気が気ではない」/GT500

■GT-R勢、開幕4連勝

開幕戦の岡山と5月の富士で#1MOTUL AUTECH GT-Rが2連勝を飾ったのを皮切りに、前回のSUGOでは#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが優勝したのに続いて、Nissan GT-R NISMO GT500の連勝記録は4に伸びている。

■予選、決勝ともに猛暑

前日の公式予選日から猛暑となり、決勝日も早朝から暑いコンディションとなった富士スピードウェイ。決勝レースも、最後まで猛暑の中での戦いとなった。静岡県警の警察車両が先導するパレードラップは予定通りに始まり、GTカーの隊列がローリングラップを回った後、午後2時42分にスタートが切られた。

ポールスタートの#12カルソニックIMPUL GT-Rは、スタートをオリベイラが担当。見事なスタートダッシュを決めてレースをリード。レース序盤はこれに、それぞれ2番手と3番手のグリッドからスタートした#46 S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山哲/千代勝正)と#1MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が追走していくが、84kgのウェイトハンディを搭載している1号車を従え、12号車と46号車が2台で先を急ぐ態勢となった。

■アクシデントでセーフティーカーがコースイン

その2台のうち、少しペースが速かった12号車は少しずつ46号車との間隔を拡げていく。スタートから20周を過ぎ、12号車のリードが11秒余りとなったところでコース上にアクシデントが発生。落下物排除のためセーフティカーがコースインすることになった。これで12号車のリードはリセットされたが、24周を終了したところでセーフティカーがピットロードに向かい、レースが再スタートしたとたんに、46号車との間にいたバックマーカーを使い、12号車は再び数秒のリードを築くことになった。

■#12 カルソニックIMPUL GT-R、再びリード拡げ優勝

33周を終えたところで12号車はルーティーンのピットインを行い、オリベイラから安田に交代。後半のスティントを担当する安田は、ピットアウト直後から猛プッシュし、前の周にルーティーンピットを行った46号車とのギャップを拡げていった。そして46号車が戦列から去った後、47周目以降は2位との差を20秒以上に保ったまま周回を続け、文句なしのポール・トゥ・フィニッシュで今季初優勝を飾った。

■#1 MOTUL AUTECH GT-Rの戦略

3番グリッドからスタートした#1MOTUL AUTECH GT-Rは、前半のスティントをクインタレッリが担当し、後半の松田次生につなぐ作戦。序盤はトップを行く12号車や46号車に引けをとらないペースで走行していましたが、やはり84kgのハンディウェイトは厳しく、タイヤをいたわりながら我慢の走行を続ける。それでも3位のポジションはキープしたまま序盤を終えたが、ピットインのタイミングで後方から追い上げてきた軽い車両に先行を許してしまう。

トップを快走する12号車と同じく33周を終えたところでルーティーンのピットインを行った1号車は、松田に交代して後半のスティントを走り始めた。4位にまで進出した1号車でしたが松田は、なおも追撃の手を緩めることなく、2位争いの2台に迫って行く。しかしやはりウェイトの影響は大きく逆転叶わぬまま4位でゴール。選手権ポイント8を加えてポイントリーダーの座をさらに確実なものとした。

■#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rの展開

12号車とのトップ争いが期待されていた#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rはセカンドグリッドから本山哲がスタート。予想通り12号車とのマッチレースを展開することになった。12号車より1周早くルーティーンのピットインを終えた46号車は、後半を担当する千代勝正がピットアウト直後から猛プッシュしたが、次の周の1コーナーでメカニカルトラブルによりコースアウトしてレースを終えることになった。

また6番グリッドからスタートした#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(佐々木大樹/柳田真孝)はエンジントラブルでリタイアに終わっている。

■GT300、#3 B-MAX NDDP GT-Rが追い上げる

GT300クラスでは、17番手グリッドからのスタートとなった#3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー)が、星野からマーデンボローにつないで後方から猛チャージ。見事6位入賞を果たして貴重な6ポイントを加算した。

最終更新:8月8日(月)20時10分

TopNews