ここから本文です

<動画>世界コスプレサミット2016 酷暑の中、名古屋・大須観音から各国代表がパレード 1000人以上の一般コスプレーヤーも

まんたんウェブ 8月8日(月)22時30分配信

MANTAN

 愛知県で開催中のコスプレの祭典「世界コスプレサミット2016」に参加している30の国と地域の代表コスプレーヤーたちによるパレード「大須コスプレパレード」が8月7日、名古屋市の商店街「大須商店街」(名古屋市中区)で行われ、各国の代表が大須観音に集まった1000人以上の一般コスプレーヤーとともに商店街を歩いた。

【動画】コスプレ世界一にインドネシア代表!圧巻のパフォーマンス

 「大須コスプレパレード」は毎年恒例のイベント。パレードがスタートした11時ごろの名古屋の気温は30.2度、湿度は69%(気象庁発表)で、うだるような厳しい暑さの中、各国の代表は「ラブライブ!」「タイガー&バニー」「新世紀エヴァンゲリオン」「東京喰種」などのキャラクターのコスプレ姿で、スタート地点の大須観音からパレードした。

 境内や商店街はコスプレーヤーを見る大勢の人でにぎわい、各国の代表が現れると、そのクオリティーの高さに「すごい!」「かっこいい!」という声やどよめきが上がっていた。

 「世界コスプレサミット」は03年から開催され、今年で14回目を迎えるコスプレの祭典。世界各国から日本のアニメ、マンガ、ゲーム、特撮のキャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーが参加して世界一を競うメインイベント「世界コスプレチャンピオンシップ」が行われた。

最終更新:8月8日(月)22時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。